自分自身との和解

2011年9月3日

皆さん、こんにちは。

台風が、接近していますね。

雨や風が強くなりましたら、外出には、十分、お気をつけくださいね。

うーん…実は、とってもとっても、不思議なことがありました。。。

私は、昨年、7月に偶然…必然…ご縁のある場所で、ご縁のある石に出会いました。

そして、その石の意味を、数ヶ月後に、知ったのですが…

なんと…それは、「思い通りの人生を生きられる石。」でした。。。すごっ…

そんな波動を持った石だったとは… 正直、ビックリしました。

で、思い通りの人生を生きられるなんて、なんて、なんて(笑〜)

素敵なんだろう…と思いつつも、思い通り…?とはいえ…

いったい私は、どんなふうに思い通りに生きたいのか、自分でもわからなかったのです。(笑)

あれから一年以上が経って、ついに、あるカウンセラーさんから、

8月のはじめに、言われてしまった言葉があります。

「かおるさん、宇宙に答案用紙、まだ出してませんよね?

今年、新しくスタートをきる月…6月には、本来は、提出していなければならなかったはず…

まぁ、かおるさんは、8月末に本気モードに入るみたいですから、

その時、滑り込みセーフで、答案用紙をやっと提出する…そんな感じですかね。(笑)」

正解!(笑)

本気モード?宇宙に問われているが、まだ返事をしていない。。。

そのカウンセラーさんが、言ってたことを忘れていたのに、

あとで、その言葉どおり8月末に、私の中の何かに追われるように、

答案用紙に書き始めていた自分に気がついて、本当に予定通りなんだなぁ…と感心しました。

そして、8月30日〜31日にかけて、新月から48時間以内に答案用紙を提出しました。

私自身の思い通りの人生設計図を…

その翌日、こんなメッセージがありました。

「しんどかった宿題が終わったから、ご褒美です。」と…

やったぁ〜やったぁ〜、嬉しいな!

何だろう?〜何だろう?〜と、はしゃいでおりました。

時同じくして、8月30日に、ふと、あるヒーラーさんのブログを目にしました。

タイトルは、「父親への手紙」でした。

ふーん、そっか。。。父親への手紙、私もいつか書いてみようかな…

そんなふうに思って、ブログを見終わった後は、私自身は、何も考えていなかった…

はず…でした。

ところが、私の無意識では、そのブログを読んだ時から、父に手紙を書く作業が、

着々と始まっていたらしいのです。

どうして無意識に手紙を書く作業が始まっていたか…

それがわかったのは、逆に、その返事が届けられていた…からです。。。

知りたかったことが先に届けられていたことを知って、

私が、心の中で、手紙を書いていたことが、後で、わかったわけです。

この説明、わかりますか?

わかりにくいですか?(笑)

そして、父からのメッセージを読んで、

父への疑問、聞いてみたかった思いが…

私が、聞きたかったことの答えがわかりました。

そして、私の中に、ずっとずっと、父の死は、父を死に追いやったのは、

私の一言がきっかけだったんじゃないか…

私が悪かったんじゃないか…

私のせいだったんじゃないか…

そんな思いを…罪悪感を抱えていたことに気づきました。

父が自死するひと月前に、父の病室で、私が父に言った言葉を私は悔やんでいました。

私は、いつだったか、母に胸の内を聞いてもらったことがありました。

母は、「そんなことはないよ。お父さんは、疲れていたんだと思うよ。

もう、生きていたくなかったんだよ。

お前には、感謝してたと思うよ。」と言ってくれました。

だけど、それは、父からの言葉ではなかったので、

私は、それからも、ずっと自分を責め続けていたんだと思います。

今になって、そのことで、自分に対する自責の念をずっと抱えていたことに気づきました。

前回のブログで、31日に「許されている。」と書きました。

私は、同じく31日に、宿題であった宇宙からの質問に答えを出したあと、

きっと、心の中で、父にも手紙を書いて出していたのだと思います。

「許されている。」…ことを信じて。。。

その返事が、あっと言う間に届いていたことを知って驚きました。

本当に不思議な体験をしました。

私の宿題は、宇宙から問われていた質問への解答と、父への手紙を出す事、

このふたつが同時に行われていたようなのです。

そして、この宿題で、私に与えられたご褒美は、

父からの愛あるメッセージでした。

そして、もうひとつは、自分自身との和解でした。

私は、私を誤解していました。

私は、父への言葉が足りなかっただけで…

言いたいことが、全部、うまく言えなかっただけで…

私が父へかけた言葉は、父の気持ちを楽にしてあげようという

思いから出た言葉でした。

私は、生まれて初めて、自分に謝りました。

ごめんね。

誤解してた。

許してね。。。

こんなことあるんですね。

ほんとに、気づかずに、何年も何年も…

周りのみんなが、お前のその言葉のせいなんかじゃないと言ってくれていましたし、

頭では、私自身も、もうとっくに、納得していて済んでいたと…と思っていたはずでした。

だけど、実は、奥深く、自分の心の中に残っていたんですね。

表面的に自分が繕っていても、無意識は、正直なんですね。

ちゃーんと、あなたは、こんなことを抱えて、引きずって生きていましたよ。

そして、あなたは、そのことを気づきたかったし、解決したかったんですよ。

と、私の求めていたものを…その答えを見せてくれるのです。

すごいです。無意識の力って。。。

もちろん、私だけじゃなく、皆さんも、宇宙から、「本当は、どうしたいのか?」

「どう、生きていきたいのか?」を今年の震災以降、問われていると思います。

カウンセリングでも、特に6月以降、これから、どう生きていったらいいか…

その答えを…そのヒントになるような展開のカウンセリング内容が、多くなっています。

ぜひぜひ、皆さんが、望む思い通りの人生を

答案用紙に記入して、宇宙へ提出してみてください。

そうすると、ちゃんと、宇宙は、聞いてくれて、

あなたは、あなたの魂のシナリオ通りに導かれていくと思います。

そして、私たちは、護られ、救われ、許されている存在だと

経験を通して知る、そんな時代がやってきたのだと感じています。

今日もありがとうございました。

かおるより

お気軽にコメント下さい。
コメント