人生の流れ 

2011年11月26日

皆さん、こんばんは。

昨日は、11月の新月でしたね。

また、新しい流れになりました。

皆さんは、いかがでしょう?

新しい流れがやってきたことを感じとれているといいですね。

そして、ひと月後は、クリスマス。。。

あっと、言う間ですね。(笑)

私たちは、日頃、本当のところ、時間を意識して生きているようで‥いない。

感じられるとしたら、時計やカレンダーで‥

美輪さんの本に、

「3〜5分毎に、きちんと自分(時間)を意識している。」と、

書かれてあったのを読んだことがあります。

さすがに、そこまで意識的な習慣は、私自身は‥身についていませんでした。

けど、11月に入ってからも、あれよあれよ‥という間に、

嬉しい事、悲しい事、そして、一体どうしたらこの事態を乗り越えて‥

乗り切っていけるのだろうか‥

というような様々な出来事や事態が起こりました。

そんな時、本当に、自分を‥自分の軸を、そして、時を‥意識するようになりました。

普段は、「意識的に」そういう習慣をつけよう、

つけた方がいいのだと頭で考えていた時には、

自分の中で、しっかり『時』は、流れていませんでした。

けど、とてもとても早い早い流れの中で、いろいろな出来事が起こると、

本当に‥『自分自身と繋がろう』『自分の源と繋がっていよう』とするものなんですね。

自然に、そういう意識が働くようになるんですね。

必要に迫られて、必然的に‥身についていく‥

そうしないと流されていって、どうやって元に戻ってこれるのか‥

その危機感を感じると、意識的に成らざるを得なくなるのですね。。。

そういう時が、人にはやってくるんだなぁと思いました。(笑)

自分の源に繋がっていよう、自分を見失わないようにしていよう‥と、

意識的に自分の軸をしっかり持っていると、

「こんなにいろんな事が起こって、本当に大丈夫か?!」と、

客観的に自分を見ていて、心配でたまらなくなるところですが‥(笑)

いや〜、結構、落ち着いていられるものです(笑)

物事は、本当に、不思議で、不思議で仕方ないくらい、

ちゃんと、流れがあって、落ち着くところに、落ち着きます。

あまりにも多くの出来事が次々に起こり‥

思わず立ちすくんでしまった主人が、言いました。

「本当に‥ すべて‥ かおるの言ったとおりになった‥ 」…と。

「私の言ったとおり‥」?

私の口から出たとおり‥になっただけで、

私の考えたことや思ったりしたことではありません。

私を通した‥だけです。

闇が目の前に… 現実として姿を現した時、

現実の出来事として起こった時、

人は、もうすべてが終わってしまったような…

絶望的な境地に陥るかもしれません。

私のような役目を持って生まれてきた人間は、

その事態を事前に、メッセージとして、その人に伝えようとします。

ほとんどが無意識に…ですが。

けど、あとは、それを受け取る人の意識の問題で、

私から出た言葉より、その出来事が、事態が、事実が何よりの現実となり、

受け取った人の心に、人生に、何らかの変化を引き起こします。

その後の私の役目は、じっと、見守ること… それだけです。

そして、その人の、真の幸せを祈ること… それだけです。

あとは、その人、その人の人生の流れにお任せする。

大丈夫。大丈夫。

そうすると、ちゃんと、闇は、光に統合されていくのですね。

すり傷が、いつの間にか、自然に治っていくように…

その人にあった、人生の流れが、流れ出すのですね。

だれもが持っている闇‥

だけど、やがて統合され光になっていきます。

そのペースは、人それぞれです。

何度も何度も、流れを逸れては戻り、逸れては戻りしながら…

何度も何度も闇に出会い、自分にとっての光を見いだすのに、

数年かかる人もいれば、数十年かかる人もいるでしょうし、

一生かかってしまう人もいるでしょうね。

私は、皆さんが、光と統合されるきっかけとなる、その『時』に、

その機会にお目にかかれることを‥これから、とても楽しみにしています。

わかりにくい箇所もあったとは思いますが、

今日も、最後まで読んでくださってありがとうございました。

感謝。

かおるより。

お気軽にコメント下さい。
コメント