新しい旅立ち

2012年5月6日

皆さん、こんにちは。

GW最後の今日は、ものすごくいい天気ですね〜

昨日は、満月前夜の、とっても、おっきくて綺麗なお月様を見ました。

久しぶりにその美しさに感動して、見とれていました。

今日は、GW最後の日に、とってもとっても長いブログなんですけど‥

読んでいただけたら幸いです。

私は、今まで、私の能力について、いろいろな人に、同じことを言われてきました。

それは、スピリチュアルカウンセラーになるための学校などに行った方とは違う‥

という意味で使われているのかもしれないんですけどね。

王道 ‥ って、言われてます。

スピリチュアルな学校に行ったことがないのでわからないのですが、

「こうすれば、こうわかる。」みたいなリーディング技術があるのかもしれないな‥

と思ったりしています。

私は、技術を習ったことがないので、

私には、こうしたら、わかる‥っていうのが無いのです。

なので、カウンセリングの時は、出たとこ勝負です。(笑)

ひたすら、オーラを観て、その方のお話に集中します。

その時に、その方の情報を教えてくれる方が、その方の顔の近くに‥ふ〜っと現れたり、

エネルギーが、ふ〜っと変わったりする、その様子を見逃さないようにしています。

なので、90分間というのは、皆さんにとっては、

あっという間なのかもしれないんですけど、

私にとっては、一日めいっぱい働いた〜…そんな感覚があるんです。

カウンセリングが終わったら、ものすごくカロリー消費しているんですよ。(笑)

話は、少し変わりますが‥ ちょうど、今から3年前に、

長年リーディングしていらっしゃる方に、リーディングしてもらったとき、

「あなたは、想念の影響が連動して起きやすい所があり‥

それが例えば、お父さんが鬱病になり、自殺されるような事が起きたり‥

しかし、そのままでは終わらず、それがきっかけになって、

自分の能力が更に鋭敏になったり‥」

そう、指摘されたことがあったんですよね。。

その時は、「なんてことを‥」と、正直、思ったのですが、

今は、そうなのかもしれない‥と思うんですね。

亡くなった父の存在は、ふつう、目には見えないかもしれないけど‥

私が、初めてはっきりと父を視たのは、父が亡くなってから9年も経ってからでした。

そういうことがあってから、やっぱり、肉体はないけどいるんだ‥とか、

想念はわかる‥と言うか‥

「何か言いたいことがあるんだろう‥」とか、伝わってくるんですよね。

そういう世界がある‥ってことを感じる能力は、

父が亡くなって15年になりますが、

父が亡くなる前と、亡くなった後では、かなり違いました。

リーディングで指摘を受けた時は、嫌だったけど‥

確かに、視え方とかも、全然、違うなって‥

本当にその通りかも‥って、思うようになりましたね。

私の中に、父を視たかったという思いと、

父が言い残したことを知りたいという思いが

強くあったのも、確かですしね。

「父が亡くなって、その結果、能力が鋭敏になった‥」

そう言われても、いいや‥と思うようになりました。

自分にそういう思いがあるから、ご相談者の思いも、よくわかりますしね。。

「すべて良し。」

今は、そう思える、生まれ変わった新しい自分がいます。

そして、この能力によって、ご相談者の力になれている‥と同時に、

実は、私自身も、救われているんですよ。

自分では、そんなに、死にたい‥っていう思いがない‥と思っていたんですけどね。。

今まで、生きてきたしがらみとか、積み重なった重荷に、押しつぶされそうになった時、

無意識に死んだ方がまし‥って、思ったんでしょうね。

昨年の9月25日の朝、父の命日のことでした。

今、思うとそれは、私の、私自身の心のメッセージ…でした。

最初は、その日の朝、母が、すぐ側にいた時に聴こえてきたので、

てっきり、母かと思っていましたが‥

私のでした。。。

「お父さんのところに行きたいな‥」と。

それからというのも、父は、また、事あるごとに、私を助けてくれました。

ある時は、メッセージを送ってくれたり、

また、ある時は、私が嫌だ‥とか、危険だ‥と感じるエネルギーを知らせてくれて

「ストップ!」と叫んで、避けさせてくれたり‥

私は、自分がそんなに苦しい思いをしていた事を‥

わかっていなかったから‥(苦笑…)

なんで、父がこんなに私に送ってくるのか‥

心配して、現れてくるのか‥

わからなかったんですよね‥

私をなんとか救おうとしてくれていたんですよね。

今、こうして、ブログを書いていることは、本当に当たり前じゃないんですね。

死のうとしていた‥なんて、思いもしなかったですよ。

自死した友人が、

「自分は、自分のままでいい‥と思えなかった。」と言っていました。

私もきっと、私は、私のままでいい‥

私は、私のまま、生きていっていい‥って、思えなかったんですね。

父が、必死に助けてくれようとしてくれていたことを知って、

生きているんじゃなくて、生かされているってことを‥

本当に、改めて感じました。

父が、「他の事は何も心配しないで、お前のやりたいことをやりなさい。」と、

そう‥メッセージを送ってくれました。

他の事は何も‥って‥

ここに、父の愛を‥ 永遠の愛を感じました。

生きていても、きっと、同じことを言ってくれたと思います。。。

そういう人でした。

私は、幼いころから家庭不和の中で育ち、

中学生くらいからは、元気のない人間になっていました。

大人になってからの私は、東京の美大を出て、東京で元気にバリバリ仕事をして生きてきた‥

つもりなんですけどね。

決して、そうではなかったんですね。

大変なカウンセリングを終えた後で、40度以上の高熱を出して、

一日入院したりしたんですが、どんなに調べても、どこも悪くないんですよね。

こんなに高い熱が出てるけど、その理由が見つからない。

お医者さんも、首をかしげる‥そんなことが何度かあった時、

友人(お坊さん)のお母さんに、

「あなたは、好きで病気をしているのよね。」と、言われたこともありました。

そうだったかも‥しれません。

けど、こうして、亡くなった父に助けられたお陰で、

今日も、スピリチュアルカウンセラーとして、ブログを書いて、

皆さんに読んでいただいているんですよね。

長い長いトンネルを抜けた‥

そんな感じがしています。

自分の能力に、こんなに感謝したことは、今までなかったです。

今は、本当に心から‥ありがとうって言いたいです。

皆さんにも、こんなに長文を読んでいただきまして、

本当に心から感謝しています。

かおるより

お気軽にコメント下さい。
コメント