あなたと‥共にいます。

2012年10月11日

皆さん、こんばんは。

お久しぶりです。(笑)

わぁ‥ 寒くなってきましたね‥

今まで、エアコンの暖房を使っていたのですが、

今朝、8月に分解掃除に出したままになっていたストーブを

明日、取り付けてもらうようにお願いしました。

私は、ほとんどテレビを見ないので、今、ネットで週間天気予報を見たら、

明日の夜から、最低気温が一桁になるんですね‥ ぶるッ。。。

今朝、神様に言われたとおり、明日、ストーブを取り付けてもらうように

手配しておいて、本当によかった〜(笑)

今日は、久しぶりのブログなので、超〜長文になっちゃいそうです。(笑)

ゆっくり読んでくださいね。(笑)

連休が明けて9日のとてもお天気のよい日に、

お昼に、今日は何を食べようかなぁ〜と思っていたら、

神様が、「かぼちゃだんごを買いに出かけなさい。」と言うんですよね。

「えっ〜、かぼちゃだんごは、いいんですけど、

それだけじゃ、わたし‥すぐにお腹が減っちゃうんですよね‥(笑)

他に何か一緒に食べられる美味しいものも売っていますか?」と尋ねてみました。

そうしたら‥

「うん。あるよ。お天気もいいから、ぷら〜っと歩いておいで。行けばわかるから。」

出た!

行けばわかるから攻撃!(笑)

思えば、いつもわたしは、この神様の行けばわかるから攻撃に背中を押されてきました。(笑)

今日もですか‥

はい、わかりました。(笑)

そうして、私は、お昼にケーキを買いに行く以外、昼間に出かけたことがなくて、

ここに来て初めて、昼間の堺町通りに出かけたのでした。

かぼちゃだんごは、お店に置いてあったけど、他に食べたいものがなくて‥

とりあえず(笑)、わたしは神様の言うとおりに、ぷら〜っと歩いてみました。

そうしたら、通りに空き地があって、そこで骨董品を売っていたんですよね。

通り過ぎようと思ったのですが‥ その時、ちょうど、

機会があったら探して買おうと思っていた、中くらいの大きさのお盆が目に入ったので‥

ちょっと、見てみることにしたんです。

そうして、よくよく見ると、籐の籠や、とても波動の良いアンティークの照明などがあって、

わたしが、欲しいと願っていたものが、すべて揃っていたんですよ。

買って帰ろうかなぁ〜と思って見ていると、売っていた女性が、

「昨日、売ってたんですよ。そしたら、結構、売れたので、今日もやってみたら‥と言われて

やってるんですけど、もう、お昼なのに、ひとつも売れないんですよね‥

どうしちゃったんだろう?」と、わたしに話しかけて来たのです。

わたしがその女性の話を聞いていると‥

いつの間にか、たくさんの人。。

そして、どんどん売れていくのでした。(笑)

なので、わたしは、その女性に言ってみたんですよね。

「わたし‥人を呼ぶみたいなんです。

よく、人から、『あなたがいると人が呼ばれてくるみたい。』って言われるんです。」

と話をしたら、ますます、たくさんの人でいっぱいになりました。(笑)

「ホントだ〜!すっご〜い!いっぱい集まってきた〜。わぁ〜うれしい〜」と言って、

驚きながら、そのたくさんのお客さんをとても嬉しそうに見ていました。

そして、その女性はわたしに、

「あなたには、そういう力があるんでしょうね。。」と言ってくれたのです。

わたしは、買い揃えたかったものを5品、買ったのですが、

本物のお盆や、本物の大理石のアンティークの照明は、ずっしりと重くて、

とてもひとりで歩いて持って帰れそうもなくて‥ 困っていたら、

車で家まで送ってくださると言ってくれたのでした。

なので、わたしは、「わたしの家は、堺町郵便局の近くなんです。

そして、そこは、あなたが先ほどわたしに住みたいとおっしゃっていた

古民家なんですけど、見ていかれますか?」とその女性に聞いてみました。

すると、いつの間にか(笑)そこにいた他の人たちが、見たい!見たい!と言って‥

結局、それから、古民家見学ツアーが始まってしまったのです。(笑)

皆さん、家の中を見て回られて、古い家というものは‥といろいろ語ってくださって、

わたしが、不思議に思っていた家の造りの謎などが解明されて、

とても勉強になって、すごく有り難かったんですよね。

この家の素晴らしさも、皆さんが来てくださったお陰で、とてもよくわかりました。

わぁ〜素敵〜… わぁ〜すごい〜‥ 住んでみたいわ〜‥ 見せてくれてありがとう!

と言ってくださって‥とても楽しんでいただけたようでした。(笑)

そして、帰りに骨董品を売っていた女性が、

「この本物の大理石の照明も、いままで見た事がない‥この素敵なデザインの小物入れも、

実は、今朝まで、出そうかどうしようか、すごく迷っていたんですよね。。

けど、あなたと、あなたがいるこの家に置いてもらえることになって、

本当によかった。」と言ってくれたのでした。

他の人の中にいた、古民家にとても詳しい女性のおひとりに、

「この家をどうやって、見つけたんですか?」と、尋ねられて‥

わたしは、「古民家を探していたわけではないんです。見つけた‥というよりは、

連れてこられた‥という感じ‥なんですよね。(笑)」とお答えしました。

女性は、「あなたって、すごいパワーがあるのね。」と言ってくれたのでした。

「えぇ‥はいぃ‥」

そういう時は、そう言って、ニッコリするしかない、わたしがいます。(笑)

皆さんが帰られた後で、わたしは、買ったものたちを

神様に言われたとおりの場所に置いてみました。。

それが、すごく、はまっているんです。

まるで、ずーっと前から、そこにあったような‥ 何の違和感もなく‥

それが、とってもとっても不思議で‥(笑)

わたしが東京でグラフィック&エディトリアルデザイナーをしていた頃にも、

わたしが就職する前まで暇だった会社が、

わたしが入社すると、忙しくなる‥という、経営者さんにとっては、

とても喜ばしい存在のようでした。(笑)

わたし自身は、早く帰れそうだな‥と思って入社するんですけど、

結局、どこの会社に入っても、社員になると、

深夜にタクシーで帰宅することになって‥しまって‥いました。。。(笑)

お客さんが入っていない飲食店などに入ると‥

いつの間にか、満席になっていることに気づきますし‥(笑)

友人や、知人のお店などの場合は‥(笑)

「暇だから、遊びに来て〜」と言われて行くと‥

結局、お客さんがたくさん来て、わたしは、友人や知人とほとんど話せずに、

帰ってくることになってしまいます。。。

なので、「また、来てねッ!今度は、ゆっくり話そう〜」って、言われちゃいます。(笑)

一度だけ、札幌スピマに出展したことがあるんですけどね、

その回は、やはり、これまでの札幌スピマでの過去最多入場者数の時でした。

わたしは、予約をいただいていた5名さまのカウンセリングをさせていただいただけで、

他の出展を何ひとつ見ることなく‥帰ってきました。(笑)

けど、イベントの帰りは、遠く北見からカウンセリングを受けるために来てくれた、

とてもとても可愛らしいご相談者の方と、とっても楽しい夕食デートをして、

終電ひとつ前の汽車に載って、帰ってきました。

とてもとても可愛らしい方とのデート‥とっても幸せなひとときでした。

忘れません。

そして、ありがとう。

こんなふうに、昔から、わたしには、人を呼ぶ力があるみたいです。

ご相談者の方が時々‥「気がついたら、メールしていました。(笑)」とおっしゃいます。(笑)

こうして、わたしというエネルギーがどういうものかを‥

みなさんが、教えてくださいます。

でも、そうやって、わたしのエネルギーが目に見える現象となって現れる‥

だけでは‥ないようです。

そして、会っている時ばかりではなく‥

会えない時も、離れている時も‥

その方を感じています。

その方を想い、その方にエネルギーを届け‥

その方のお幸せを祈っています。

心は、いつも、すぐ、そばに‥

今まで、カウンセリングを受けてくださった方へ‥

そして、これからカウンセリングを受けてくださる方へ‥

わたしは、あなたと一緒にいる時も、

一緒にいられない時も‥

あなたを感じて、あなたを想っています。

そして、あなたと‥共にいます。

わたしがいままで出会ってきた全国のヒーラーさんに伝えられてきた、

母なる大地のエネルギーであり、

女神のエネルギーであり、

巫女エネルギーであり、

天使のエネルギーであり‥

母親に言われた、魔法使い‥ならば‥

(でも、その魔法使いの娘を産んだのは‥だぁ〜れ?と、ツッコミたくなりますが‥笑)

わたしは、わたしに、そして、わたしの人生に贈られた最高の贈り物を

出会った方や、これから出会う方、

すべての人に‥

愛のエネルギーとして、

送りつづけたいと思います。

会っている時も、そして、会えない時も‥

わたしを感じてみてください。

わたしの送るエネルギーで、

あなたのこころをふぁ〜っと包みこ込むことができる‥

あたたかくしてあげることができる‥

そう想いつづけながら、送ります。

そして、あなたの幸せを永遠に‥

こころから祈っています。

今日も、ありがとうございました。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント