オーラ

2014年2月2日

皆様、こんばんは。

1月もあっという間に終わり、2月に入りましたね。

このところ、極端に寒かったり、急に暖かくなったりして、

体調管理が難しいですね。

本州では、インフルエンザが流行っているそうですし、

北海道でも、流行の兆しがあるようですので、

皆様、十分、お気をつけくださいね。

今日のブログは、「オーラ」です。

オーラにつきましては、何度か、書いたことがありますが、

最近のスピリチュアルカウンセリングで、改めて、

オーラについて書いたほうが、スピリチュアルカウンセリングを知るうえで、

とても大切なことと感じましたので、書いていきたいと思います。

オーラ‥

例えるなら、虹をイメージしていただくと分かりやすいと思います。

私が、ご相談者の方とカフェで向き合い、ご相談者の方を見ます。

ご相談者の方が、ご相談なさりたいことをお話しされ始めた時、

私のオーラを視る目に、スイッチが入ります。

そうしますと、その方の頭のまわりに、色が見えてきます。

虹は、七色が、光の速度によって順番に並んでいますが、

オーラは、その方が、その時…

大事なのは、ここですが(笑)、

「その時」発しているものに、反応しているものが、

“ 色 ”として、視えてきます。

例えば、その方の性質を示すものであったり、

または、その方の感情を示すものであったり、

その都度、現れてきます。

私は、ご相談者の方のお話をお聞きしながら、

その時に、必要な情報をオーラに視ます。

そして、オーラに示された、色や、大きさや形などから、

インスピレーションを受けて、その方に、必要と思われることを

お伝えさせていただいております。

私は、これまで 9歳から、70歳代の方のスピリチュアルカウンセリングを

させていただいてきましたが、その方に合った職業や、

その方が進むべき道などのご相談を受けた場合には、

その方の本来のオーラ‥

それが色に現れてきて、その方が望む職業と一致している場合は、

バランス良く、色、形、大きさともに、

その方の全体を包んでいる状態となります。

けれど、本来のオーラ‥本質と適していない場合は、

小さく、色も薄く、形もぼんやりとした状態で、

その方の頭の上に、ちょこんとのっかっています。

これは、何か理由があってのことだと思うのですが‥

その方が、頭で考えて、この職業がいい‥と思ってやっている状態で、

本来の適職とは違っている状態‥と、私は見ています。

うーん、こんなんで、伝わるかな‥(笑)

また、感情面では、ご相談者の方が、

「すごく悲しい。」と、今のご自分の感情を伝えていらっしゃる一方で、

オーラは、「怒り」を示していたりします。

そうすると、その後、お話を伺っていくうちに、

ご相談者の方が、だんだんと、これまで関わってきた

ご自分の人間関係について話されるようになり、

その関係に「怒り」があることに、お話は進んでいかれます。

このように、スピリチュアルカウンセリングでは、

オーラは、情報の源として、その時、その時‥ご相談者から発せられ、

それを視ながら、その時に、必要だと思われるお話をさせていただくという

進め方が、私のスピリチュアルカウンセリングです。

これだけの説明では、よくわからないかもしれないですが、

実際に受けていただいた方は、きっと、私がお伝えすることを聞いて、

その時のご自分の状態が、オーラによく現れている‥と、

実体験されているのだと思います。

そして、オーラに現れていることをお伝えした後、

ご相談者の方が、

「俺って、そうかも‥」

「私って、そうかも‥」と、ご自分に気づかれて、

わからなくなっていた自分から、解放されるのだと思います。

オーラについては、これからも必要な時に、書いていきたいと思っています。

今日もありがとうございました。

愛しています。

愛されています。

感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント