感涙

2010年8月22日

出会う人のエネルギーによって、同じカウンセリングの申し込みでも、

様々なプロセスがあることを感じます。

特に、クライアントさんが求めるエネルギーが、強烈な場合は(笑)、

もうすでに決まっていたかのように、すばやく日程が決まり、すぐに会うことに

なるようになっているようです。(笑)

以前は、そのエネルギーに圧倒されることが怖くて、たぶん、クライアントさんには、

そう見えていないかもしれないんですけれど、内心、ヒヤヒヤしていたと思います。(汗)

まず、カウンセリングの前に、挨拶を交わし、お話を聞かせていただく始まりの言葉を

私の方から、かけさせていただいています。

そうすると、いろいろな意味でですが・・・エネルギーの強い方は、お話されると同時に

涙が溢れて、言葉につまってしまう方が多くみられます。

そこで、つい、私ももらい泣き、、、

かなり、この状況を経験してきたのに、、、つい、、、必死でこらえます。

ようやく、クライアントさんが、お話できるような状態になり、カウンセリングが

順調に進んでいきます。そして、その間に、私がクライアントさんに今、

必要なメッセージを受け取り、お話を始めると、

みなさん・・・心がぐぐっと動きはじめるのだと思うのですが・・・

また、涙が溢れてきて、目を真っ赤にされて、ハンカチが手放せない状態になってきます。

涙は浄化のあらわれなので、泣いていただくことも、解放として必要なのでしょうね。

けれど、私は、いつも、クライアントさんに、「お話しやすいことから、お話ください。」

と伝えて、ぱっと顔をあげて、目と目があった瞬間に泣かれると…

なんだか、泣かせているような、そんな気持ちになるのです。

私の顔は、みなさんを浄化させる、解放させる顔?(笑)

そういうエネルギーが私のオーラには、あるんだなぁ…と、

そのことをきっと、みなさんから教えていただいているのですね。

感謝しています。有り難うございます。

お気軽にコメント下さい。
コメント