いいご縁がありますように‥

2015年5月30日

皆様、こんばんは。

ここ北海道の5月は、急に冬のような寒い日があったり、

急激に初夏のような暑さになったりで‥ 体調管理が大変な月となりました。

全国では、30度を超える真夏日となったところもあったそうですね。

まだ、暑さに体が慣れていないと思いますので、

体調管理には、くれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。

さて、今日のブログは、今月、私が、新たに子犬を迎えた時に、

母が言った言葉‥ 「いいご縁がありますように‥」です。

私は、5月10日に、子犬のチワワ(オス)を飼い始めました。

そして、名前をケン太と名付けました。

私は、10歳の時、動物図鑑で見たチワワが飼いたくて、父にねだりました。

けれど、その時、縁があったのは、ヨークシャテリアでした。

ご近所の方の友人の家で、ちょうど、ヨークシャテリアの子犬が生まれた

ということを聞き、とにかく、室内犬の小さな犬が欲しかった私は、

その子犬を飼うことにしたのです。

その後、私は、30代でパグ犬とボストンテリアを飼い、

一昨年、17歳のパグ犬を看取ってからは、

犬のいない生活を過ごしてきました。

今年に入って、再び、犬とともに暮らしたいと強く思うようになり、

新たな飼い主を探している犬を迎えようと、

小樽市の保健所のHPを毎日のように見ていました。

そして、3月の末に、迷子犬として、収容されていた犬が

4月の末になっても、まだ、HPに掲載されていたままだったので、

思い切って、保健所に連絡してみたのです。

けれど、飼い主の候補として、私の前に、2名ほど名乗りをあげている方が

おられるということで、私は、3、4番目ということでした。

私は、この迷子犬と縁がないのかな‥と思った私でしたが、

チャネリングしてみることにしたのです。

そうしたら、「縁がある犬。会いに行った方がいい。」という結果が出て‥

私が、犬を引き取る可能性が、3、4番目なのに、

縁があって、会いに行った方がいい‥ とは、どういう意味なのだろう?‥

と思いながらも、私は、小樽市の犬管理所にいるその犬に、

直接、会いに行くことにしたのでした。

その犬は、とても人懐っこく、甘え上手な犬で、私に、すぐに慣れ、

仲良くなれそうだなと思いました。

私は、係員の方に、犬のことや、他の飼い主候補の方のことなど、

いろいろ質問したのですが、係員の方に言われたのは、

「あなたの前のふたりの方は、どちらも飼う気マンマンですので、

あなたのところに行く可能性は、ほぼ、0(ゼロ)に近いでしょう。」

という言葉だったのです。

その言葉を聞いた私は、帰り道、

「本当に、私に縁がある犬なのかな‥?」と

不思議に思いながらも、会いに行ってよかったと思いました。

なぜかと言いますと、HPに掲載されていたその犬の体重は、8kgでしたが、

実際は、10kg以上は、確実にある犬だったのです。

私は、再び、犬を飼うにあたり、老犬になって介護する時の事を考え、

体重が、より軽い犬の方が、私にはふさわしいと思っていました。

私は、収容所にいた犬を抱き上げることができなかったので、

そこで、あきらめがついたのでした。

その後、保健所からの連絡が無いまま、2週間が経ち、

私は、小樽のペットショップのHPに、3月からずっと登場していた

チワワに実際に会いにいくことにしたのです。

5月9日の夕方、その時、一緒に行った母が、出かける時に、

「いいご縁がありますように‥」と言ったのです。

「いいご縁‥」‥ 私もそう願って、会いに行きました。

『今日は、土曜日だし、売れちゃっているかも‥ 』なんて思いながら‥

その日、初めて、日頃、HPで見ていたチワワと対面し、

かわいいなと思いましたが、一晩、もう一度、よく考えてから

返事をすることにして、その日は、帰ってきました。

そして、その夜、飼うことを決めた私は、子犬を迎える準備をしました。

いろいろと準備があったので、明日の日曜日に返事だけをして、

月曜日に迎えようか‥ けど、飼うと決めたのだから、一日でも早く‥

やっぱり明日の日曜日に迎えようか‥ と迷ってしまい、

再び、チャネリングをしてみたのです。

その結果、「日曜日に迎えた方がいい。」ということだったので、

翌日、日曜日の夕方、子犬を迎えに行きました。

そして、バタバタと日曜日が過ぎ、犬のいる生活が始まり、

慌ただしくしていた月曜日のお昼に、保健所から連絡があったのです。

その内容はと言いますと‥

「kaoruさんの前に飼うことを希望されていた方が、

2名ともキャンセルされまして‥ できましたら、kaoruさんに

飼っていただきたいと思いまして、ご連絡、致しました。」

私は、てっきり、飼い主が決まったという報告だと思っていたので、

そう言われて、本当に驚きました。

一瞬、私の頭の中で‥ 2匹とも‥ などと、思ってしまったのですが、

多頭飼いの大変さを経験していた私は、保健所の方に、

前日に、子犬を迎えたばかりだということを伝え、お断わりしました。

電話を切った後、私は、

「本当に縁のある犬だったんだ‥」と思いました。

そして、同時に、「日曜日に迎えた方がいい。」という、

チャネリングの意味も、ようやく、理解できたのです。

もし、私が、日曜日に、飼う意志があることだけを伝えて、

ペットショップに月曜日の夕方に迎えに行く‥ と決めていたら、

月曜日のお昼に保健所から、かかってきた電話に、

私は、何の迷いもなく断わることができただろうか‥

たぶん、私は、迷い‥ 

どうしようか‥ と悩んだに、違いありません。

そして、困り果てたでしょう。。

あ‥ チャネリングしておいて、よかった。。

これが、月曜日に保健所からの電話を受けた時の私の正直な気持ちです。

私は、収容所の犬とも縁があったのでしょう。。

けれど、私は、自分で判断して、また、新たな別の縁のある犬を

迎えたのだと思います。

母の言った、「いいご縁‥」は、

今、私の目の前で、すやすや〜と気持ち良さそうに寝ているケン太だと

私は、確信しています。

そして、収容所にいる犬にも、一日も早く、

飼いたいと名乗り出て来る方が、現れますように‥ 

いいご縁がありますように‥ と、毎日、祈っています。

皆様も、たくさんのご縁があり、いろいろなご縁があると思います。

そのひとつひとつの出会いが‥ ひとつひとつのご縁が‥

「いいご縁でありますように‥」

私は、そう願っています。

今日もありがとうございました。

愛しています。

愛されています。

感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント