必要としているもの。

2015年7月25日

皆さん、こんばんは。

全国的に、とっても、暑〜い日が続いていますね。

ここ小樽では、蒸し暑い日が続いていて、

慣れない蒸し暑さに、体のだるさを感じ始めています。

皆様も、熱中症、そして、溜まっていく暑さ疲れに、

十分、気をつけてお過ごしください。

夏バテは、なかなか回復しずらく、体だけではなく、

精神的にも、かなり、ダメージを受けてしまいますので、

甘くみることなく、自分の体に無理をさせずに、お過ごしくださいね。

さて、今日のブログは、「必要としているもの。」です。

私が、日頃のスピリチュアルカウンセリングで痛切に感じている事は、

ご相談者の方にとって、何よりも〝必要としているものがある。〟という

心の奥深くに根付いている思いなのです。

その思いは、ほとんど言葉にされることはありません。

その思いを言葉にしたところで、どうにもならない‥ という思いが、

根強くあるのではないかと察します。

ましてや、その思いが、スピリチュアルカウンセリングを受ける動機になり、

〝相談〟というかたちで表現するなんて、ありえない‥

という思いもあるように感じます。

ですので、相談内容は、〝必要としているものとは別のもの。〟に

なって表現されます。

恥や、辱め‥ というプライドが、

〝相談〟として、決して、表に出される事は、許されない‥

という思いが〝別のもの〟にかたちを変えるのだと思います。

スピリチュアルカウンセラーである私には、

その方が、その思いを隠そうとすればするほど、

最も、必要としているものが、

全面に‥ そして、痛切に‥ 感じられるのです。

自分が〝必要としているもの。〟に気づき、認め、受け入れていく‥

そして、表現していく‥

それは、求める行為になるのですが、

やはり、求めないと得られないのですよね。

求めないと、一生、得られないまま、

やり過ごしていくことになってしまうのです。

恥を感じて、求めず、プライドのために、

自分の必要としているものに目を背けて生きていくと、

人をいつか、何処かの場面で、〝動けなくなる〟のです。

人生が、動かなくなってしまうのです。

人生が塞がってしまうのです。

そして、悲しい人生になっていきます。

その危険性をうすうす感じてはいても、

やはり、プライドが、自分を開かせないのです。

「こんな事を相談するなんて‥恥ずかしい‥」と思うような事が、

相談できたら、心は、本当に、解放されるのだと思います。

その癒しを自分に与えていく行為を勇気をもってしてみる‥

そうしなければ、決して、前に進む事は出来ないのです。

開かれないのです。

〝必要としているもの〟を言葉にして、表現するだけで、

心は動いていきます。

今まで、カチカチになっていた心は、何かを感じ‥

もう、プライドという外殻が、必要ではなかったことに、

気づくようになっていくと思います。

そして、楽になっていきます。

悲しみではなく、癒された自分を感じて生きていくことを選択してみる。

私は、その選択をおすすめします。

今日も有り難うございました。

愛しています。

愛されています。

感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント