不安な時代を生きる。

2015年9月4日

皆様、こんばんは。

9月に入り、ここ小樽では、朝夕に吹く風に秋を感じています。

皆様がお住まいの地域でも、だんだんと気温が低くなって、

季節の変わり目を感じている方も多いのではないでしょうか。

夏が去っていくのは、ちょっぴり寂しいですが、

秋は、落ち着ける良い季節ですので、秋を楽しみながら

元気に過ごしていきたいと思います。

皆様が、実りある秋を迎えられますように‥ 

お祈りしています。

さて、今日のブログは、ちょっと重たいタイトルになってしまいましたが、

2015年に、私が、今年のスピリチュアルカウンセリングのテーマとして、

心に留めていた事を書いていきたいと思います。

私のスピリチュアルカウンセリングを受けてくださった方は、

何かしらの不安を抱えて、ご相談にいらっしゃいます。

自分の心の中に今ある不安‥

そして、未来に対する不安感でいっぱいになっている時に、

お会いしていますが、問題になっている事柄の他にも、

不安に感じていることが、たくさんあるように感じられます。

ご相談者の方のご相談内容には、必ず、ご相談者が問題としている

お相手の方がいらっしゃいます。

そして、その方の行動や発言によって、

ご相談者の方の心は、ぐらぐらと揺さぶられ、

あれこれと頭を悩ませ、心を痛めていらっしゃるのです。

ご相談者の方も不安を抱えていらっしゃるのですが、

お相手の方も、同じく‥ 不安を抱えていらっしゃいます。

ですので、何か事が起こると、お互いに悪く作用してしまうのです。

不安と不安がぶつかり合うわけですから、

事が良くない方向に、どんどんいってしまうのです。

今の時代も、その通り、不安だらけの時代で、

連日、恐ろしい事件が、次から次へと起こっていますよね。

不安な時代の中、不安な今の自分は、

一体、どうしたら良いのだろう‥

そう、ご相談者の方は、毎日、自問していらっしゃる事が、

スピリチュアルカウンセリングを通じて感じられます。

お相手‥ そして、自分の外側の世界にばかり目がいってしまって、

自分が見当たらなくなっていらっしゃるご相談者の方に、

私は、「自分をなくさないでください。

そして、自分を大事にしてあげてください。」‥と

伝えさていただいています。

不安な時‥ 不安な時代‥

自分が何を求めているのか‥

自分には何が必要なのか‥

他ではなく、自分に目を向けてあげて欲しい‥

私は、そう願っています。

今日もありがとうございました。

愛しています。

愛されています。

感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント