身近な二極化。

2015年12月20日

皆様、こんばんは。

今年も、残すところ後10日ほどになりましたね。

ここ小樽では、降り積もった雪が根雪になり、本格的な冬を迎えました。

春になるまで、真っ白な雪の世界のまま、3ヶ月ほど過ごします。

雪と寒さの北海道の冬ですが、冬も楽しみながら、

元気に暮らしていきたいと思っています。

もうすぐ、クリスマスですね。

皆様は、どのように、クリスマスを過ごされるのでしょう。。

皆様に、温かく素敵なクリスマスが訪れますよう‥

お祈りしています。

今日のブログは、「2016年 二極化。」と10月31日に書いたブログを

私自身の身の周りで起きた事を例に、具体的に書いていきたいと思います。

確か‥ 10月頃だったと思うのですが、

朝に、関東にお住まいで求職中の20代前半の男性から、お電話がありました。

お電話は、「電話で、スピリチュアルカウンセリングを受けたい。」

という内容のものでした。

その後、しばらく、その男性のお話を聞いていましたところ、

「今まで、観てもらったけど、当たらないんですよね。

先生は、どうなんですか?‥」と尋ねられたのです。

その男性からの質問に対して、私は、

これまでに私のスピリチュアルカウンセリングを受けてくださった

ご相談者の皆様から、スピリチュアルカウンセリング後に、

ご報告して頂いた内容をいくつか伝えさせて頂きました。

そして、「受けられるのであれば、口座番号をお知らせしますので

一度、メールを送ってください。」と、お願いして、電話を切りました。

その後、私は、その男性が、本当にスピリチュアルカウンセリングを

受けられるかどうかをチャネリングしてみたのです。

そうしましたら、答えは、NO!でした。

そして、その通りに、その男性から、メールは送られてこなかったのです。

世の中には、当たらないスピリチュアルカウンセラーさんや、

占い師さん‥ 等々、いろいろな方がいらっしゃるのですね。

けれど、その方にお金を払って、受けられる方もいらっしゃる。

そういう方々は、いなくはならないのです。

これも、二極化の一方で、必ず、存在するのです。

当たらなくとも、仕事としてやっていっている人がいる。

その方に、お客様がいらっしゃるから、

その方は、仕事として続けられるのです。

それが、真実なんですね。

そんなふうに成り立っている世の中は、面白いですね。

当たらない人に、観てもらった方は、

「当たらない。」という思いを抱いたまま、

今、ご自身が抱えている悩みや問題を解決したい‥と思いながら、

インターネットでいろいろ探して、

受けてみようと決めて、連絡をとってみる。

決めながらも、ただただ‥ 当たらなかった過去の

自身の経験談を話し続ける。

話しているうちに、「また、当たらなかったら‥」と不安になり、

考え、迷い、悩んでしまう。

そういう事を繰り返していってしまうのですね。。

二極化の負の部分の経験を多くされてきた方は、気の毒です。

なんとかしてあげたい‥と思う。

けれど、それは、私が決める事ではなくて、

その方が決めること‥ 選択することですから‥ ね。

仕方ないですね。

そういう方は、スピリチュアルな世界、

そして、人も、信じられないまま、

生きていかれる事になるかもしれないですね。。

これから、私のスピリチュアルカウンセリングを受けられる皆様が‥

私のスピリチュアルカウンセリングによって、

目に見えぬ世界に真実があって、

ご自身を最善に導く方法のひとつに、

スピリチュアルカウンセリングが存在している事を

ご自身で経験していただきたい‥ 

そう、切に願っています。

今日もありがとうございました。

愛しています。

愛されています。

感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント