人を幸せにするパワー。

2016年3月30日

皆様、こんばんは。

やっと‥ やっと、本格的に暖かくなってきました。

明後日からは、もう4月ですね〜

暖かい気温が安定してきて、嬉しい嬉しい〜春です。

春ということで、今日のブログは、

「人を幸せにするパワー。」というタイトルで、

内容も、よりポジティブに書いていきたいと思います。

私は、2008年3月20日、44歳の時に、

スピリチュアルカウンセリングの仕事を始めました。

お陰様で、今年、2016年3月20日から、

スピリチュアルカウンセリングの仕事も、9年目に入りました。

そして、来月で、53歳になります。

月日の経つのは、本当に早いものですね。

丸8年の間に、たくさんの方に対面カウンセリングでお会いして、

お電話でお話させて頂いてきました。

本当に有り難うございます。

9年目に入って、2016年も、いろいろな地域の方にお会いして、

お話させていただいております。

ご縁があって、私のHPに出会ってくださり、

現在、270タイトル近くある、このブログを熱心に読んでくださり、

スピリチュアルカウンセリングをお申し込みいただいて、

この仕事を続けていく気持ちが、日々、強くなってきています。

この気持ちは、ご相談者の皆様が、

「受けてよかった。」「相談してよかった。」とおっしゃってくださる度に、

続けていく勇気をいただいて、揺るぎなくなっていきました。

続けられているのは、本当に、ご相談者の皆様のおかげです。

ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

これまでの8年間で、私は、わかった事があります。

スピリチュアルカウンセリングを始めた年は、

恐る恐る‥ おひとり、おひとりに、お会いしました。

そして、月日が経ち、だんだん、やっていけるという思いが湧いてきました。

けれど、私は、スピリチュアルカウンセリングの仕事だけではなく、

家業の和菓子製造業の仕事にも携わっておりまして、

スピリチュアルカウンセリングの仕事の方は、

年々、ご相談者も増えて、安定してきましたが、

家業の方は、この8年間の間に、いろいろな変化があり、

不安定な時期が、何度かありました。

そういう時の私は、パワーが無くて、

なんとか、ふたつの仕事を無事に終えることで、

いっぱいいっぱいになっていました。

その時の私に、スピリチュアルカウンセラーの先輩の方から、

「今のあなたには、パワーがないわね‥

すべて、天が計らってくれるから、心配せずに、

もっと、人生を楽しんでね。面白がってね。」と言われていました。

また、「スピリチュアルカウンセラーや、ヒーラーや、セラピストになる人は、

まず、自分自身が、幸せにならなければならない。幸せになる義務がある。」と、

書かれてあった、スピリチュアルカウンセラーのブログを読んだ事がありました。

まず、自分自身が幸せになること‥

それが何よりも必須。

パワーが無くなっていたその頃の私には、

とても、大きな課題だったように、今、思います。

いろいろな時を経て、今、私は、本当に、幸せ者だと感じています。

幸せになるように‥

幸せでいられるように‥

してくださっている、何かに、

感謝の日々です。

そして、スピリチュアルカウンセリングをする、

そのパワーがあると感じている、今、

やはり、ご相談者の数が、どんどん増えていっています。

自分自身が幸せであると、ご相談者の皆様を

幸せに‥ ポジティブに引き揚げるパワーが、自ずと出てくるのですね。

おひとり、おひとり‥ ご相談内容も、お住まいの地域も、お年も違い、

その方のエネルギーも、それぞれに違います。

その違いに対しても、すぐに切り替えができ、対応ができて、

それぞれの方に、エネルギーを送る事も、大変ではなくなってきたのです。

これが、スピリチュアルカウンセリングを仕事にする人ならば、

まず、自分自身が幸せでなければいけない‥

という事なのだと、実感しています。

ご相談者の皆様には、これから先、明るい未来を歩んでいって欲しい‥

という思いで、エネルギーで接しているので、

本当に、その思いが伝わっている‥ と思えるのも、

自分自身の状態が良いからだと思っています。

まず、自分自身が幸せでいて、ご相談者の皆様を幸せに‥ 

最善の方向に導く‥ という役目が果たせていることに、

今、心から感謝しています。

今後も、おひとり、おひとりに心を込めて、

スピリチュアルカウンセリングをさせていただきたいと思います。

これからも、よろしくお願い致します。

今日もありがとうございます。

愛しています。

愛されています。

心から感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント