感謝。

2010年10月5日

札幌スピマでのカウンセリングのご予約&お申し込みが、5名様、満員御礼となりました。

先着順とさせていただきましたので、キャンセル待ちのお客様もいらっしゃいまして…

本当に本当にありがとうございます。心から感謝いたします。

この時期、通常の小樽でのカウンセリングも普段通りに、お申し込みいただきまして、

重ね重ね、ありがとうございます。感謝いたします。

あぁ…今があって、本当によかった…心から、そう思っています。

これは、本当に皆様のお陰だと思います。

私は、スピリチュアルカウンセラーとして、スピリチュアルカウンセリングのお仕事を

させていただきながらも、辞めたい…辞めたい…と思いながらも続けていました。

ある日、指導霊様に、お聞きするチャンスがあり…

「辞めても…やらなくても…いいですか?」と、思わず口にしてしまいました。(笑)

正直、あの頃は、怖かったのです。いや、今も怖いのですが…

今より、もっと怖かったのです。(笑)

それには、いろ〜んな理由がありました。いや、いい訳がありました。。。

ひとつひとつをあげたら、きりがなさそうなので、ひとつだけあげるとすると、

自分の力が怖かったのです。

今、思うと…その自分の力という変な自意識から、

自分で自分にプレッシャーをかけてしまっていたなぁ…と思うのです。

当てねばならぬ…

当てられない、お前は、だ〜め〜だぁ〜(笑)

私が私を抑えつける力。押しつぶす力。。。

そんな自分が自分にかけた圧力に、ほとほと疲れてしまっていたように思います。

私は、今年、自分を見つめなおそうとして、お会いしてみたいと思っていた

スピリチュアルカウンセラーの方にお会いして、カウンセリングを受けてみました。

その時に、そのカウンセラーさんが、

「あなたは、やっていけるわよ。だって、カウンセリングマインドがあるもの。」

そう言ってくださったのです。

その時まで、私は、スピリチュアルカウンセラーという仕事をわかっていなかった

自分に気づきました。理解していなかった自分自身に気づきました。

カウンセリングを受けて、それまでの自分に気づいてから、

スピリチュアルカウンセリングという仕事に対する向き合い方が変わっていきました。

そこからだったと思います。辞めたい…と思わなくなったのは…(笑)

先ほどの、指導霊様のお答えはと言いますと…

「いいよ。辞めても。けど、またすぐやる事になるからさ。」

鼻で笑って、ふんって…感じでした。(笑)

私はと言いいますと…一瞬、おお喜びして…

その後、開いた口が塞がらなくなってしまっていました。(笑)

「また、すぐやることになるぅ…やることになるぅ…なるぅ……」(笑)

昨年、少し休ませていただきましたが…指導霊様のおっしゃるとおりでした。

今も、お仕事させていただいています。

有り難いと心から思えます。

まだ、ちょっと、怖いんですけど…

皆様、どうかお許しください。。。

お気軽にコメント下さい。
コメント