自分に意識を向ける。

2022年9月13日

皆様、こんにちは。

先週は、中秋の名月が、

晴れていた日に見られて、とても綺麗でした。

9月も半ばですが、まだまだ夏日が続いています。

皆様、お体に気をつけて、お過ごしくださいね。

さて、今日のブログは、今日までに行ったカウンセリングで、

皆様のご相談をお聞きしていて、

改めて感じたことを書いていきたいと思います。

ご相談で多いのは、やはり人間関係についてです。

ご相談者の方は、

「父が‥」「母が‥」「夫が‥」「妻が‥」「子供が‥」「兄弟姉妹が‥」

「彼が‥」「彼女が‥」「友達が‥」「○○さんが‥」など‥

ご自分の周りにいる人の事を多くお話されます。

あっと言う間に、一時間が経ってしまいます。

自分以外の人の事で頭がいっぱいになっちゃうのです。

例えば、一時間という限られた時間の中で、

自分の思いを語る人は、ほとんどいらっしゃらなくて、

他の人のお話で終わってしまうことが多いのです。

自分は、どうして、そう思うのか‥ 感じるのか‥

そこには、話がいかないのです。

自分がどうしたくて悩んでいるのか、

なかなか辿りつかないまま、時間が過ぎていってしまうのです。

自分がどうしたいのか、はっきり意識できていれば、

他の人の話の後に、悩みを解決する道を探すことができるのですが、

自分の思いを意識できないでいるのです。

自分の思いに直面することが怖いのかもしれません。

なので、他の人の話をして、自分の思いを遠ざけているように感じます。

けれど、自分の思いを直視しない限りは、

お悩みからは、解放されないのです。

誰かの‥ 何かの‥ ことで、頭がいっぱいになったら、

自分はなぜそう思うのか、

自分に意識を向けてみることをおすすめします。

自分に意識を向けると、少し、心が静かになります。

自分を理解しようという意識は、自分を癒します。

心が静かになった状態で、この先、どうしたら、

自分にとって良いのかを探すことができるのです。

私は、その先の良い道をカウンセリングで

お伝えしたいと思っています。

今日もありがとうございました。

あなたは愛されています。

心から感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント