自分にやさしくする。

2010年11月25日

私が、カウンセリングで、ご相談者の皆さんに、

「ご自分にやさしくしてあげてください。」とよく伝えています。

私の伝える「自分にやさしくする」という言葉には、

ふたつの “やさしさ“ があります。

ひとつは、自分に優しくすること…です。

そして、もうひとつは、自分の思考を易しくすること…です。

今までに経験した出来事を今、振り返って…

今まで望んでいた事が、今、望んでいた結果になった…けど…

皆さんの心の中にあるもの…

それは、「よかったのか…?」「本当に、これで、よかったのだろうか…?」という、

疑問や後悔や、いろいろ複雑な思いです。

葛藤です。

けど、その葛藤は、過去に起こったことや、今、結果、そうなったことを

…もう変えられない “出来事” に対して…

自分への厳しい判断や批判をしていることになります。

そしてそれは、ご自身を責めることに… 罪悪感を抱えて生きてしまうことに

繋がっていっていると感じます。

そして、過去を、今を否定したり、責めていたりすると、

未来に影響してしまいます。

未来は、今、創られるからです。

私のこのHPの「メッセージ」にあります、

「今までを全肯定できる。」という言葉の通り、

今まで起こった事、そして、今、起こっている事すべて…

「よかったんだ。」

と思って欲しいのです。

そう思うことによって、よかった事が、クローズアップされてきます。

そして、だんだんと複雑に考えていたことが、整理されてきます。

複雑さが、易しくなります。簡単になります。

そうこうしているうちに(笑)

ご自分ができる事をちゃんとやっていた…ということにも

しっかり目を向けられるようになります。

私、ダメじゃないんだ…と思えるようになってきます。

思えるというか、本当にダメなんかじゃないんですけどね。(笑)

そうやって、自分に易しく、優しくしていくうちに、

自分自身も、自分の人生も肯定できるようになります。

そうすると、自分のことを自分の生… 命や魂 …を信じられるようになります。

信頼できるようになります。

過去や今を信頼できるようになると、未来を信頼できるようになります。

だとしたら、今、この瞬間から…

ご自分に易しく、優しくするしかないですよね。(笑)

お気軽にコメント下さい。
コメント