自分のエネルギーを守る

2010年12月3日

私は、スピリチュアルカウンセリングの仕事をし始めた時に、

仕事中や、普段の生活で、どれだけ他のエネルギーを吸収してしまっていたのかを

感じられるようになりました。

例えば、ある特定の場所に行くと、目の前が真っ白くなって、

あらゆるものが見えにくくなったりします。

また、ある特定の人に会い、その人のオーラに特有のオーラ、

サインのような光が現れる時、私に対する警告のようなオーラを観た時には、

特定の感情がわき上がってくることがありました。

それらは、一体なんなんだろう?と、ずっと、不思議に思っていました。

また、意識や無意識の中に、怒りや、恨みや、憎しみを抱えている人に会うと

必ず、寒気がしてきます。

そうして、高熱が出て病院に行くのですが、

調べていただいても、いつも原因不明でした。

今、思うと、高熱を出して、無意識に自己浄化していたのだと気づきます。

こうして、いつも私は、ありとあらゆるエネルギーと同調してしまって、

その反応が、感情に、体に、出てしまっていたのでした。

特に、すべての人とつながって、いつも感じるのは、

“怒り“のエネルギーが、強いこと。。。

けど、それは、本当にその人が、抱いた感情なのかな…と

違うんじゃないかな…と、感じることが多くなりました。

それは、誰かの中にあった怒りのエネルギーを向けられて、

知らず知らずのうちに、同調してしまい、吸収してしまったのではないかな…と

感じるのです。

私自身も含めて…

怒りの感情を持つことは、良くないこと…

と、言われてきた私達は、怒りの感情を持ってしまった自分を

良くないものとしてしまいます。

自分を責めてしまいます。

負い目を感じてしまいます。

罪悪感を抱え込んでしまいます。

今年、一年、いろんなことがあって、いろんな思いを抱いて、

その中に怒りの感情をたくさん抱えた時がありました。

その思いを人に、そして自分に向けたりしていました。

怒りの感情を持つのは、人として自然なこと。

怒りの感情を表現するのも、自然なこと。。。

そう自分の怒りの感情に向き合って、

自分にやさしい言葉をかけてあげたり… してこなかったなぁ…

昨日、ふと、そう感じたのでした。

私が、怒りを良くないものとして、閉じ込めよう、無かったことにしようとして、

無理矢理、手放そうとしていました。

その時です。怒りからメッセージがあったのは…

「なぜ、私をそんなふうに扱うの?」と。

みんなそうして、怒りを閉じ込めたり、無かったものしようと隠すのですが、

結局、怒りは、行き場を求めて、溢れ出てきてしまうのです。

イライラ…したり、落ち込んだり、突然、悲しくなったりするのです。

自分が抱えたその怒りを認めて、受け入れて、大事に扱う。。。

それがとても大事なんだと切に思いました。

そうしたら、自分の中にあった怒りは、認めて、受け入れてもらったから、

落ち着いていきます。

後は、自分の怒りの感情を認められないでいる人の、

意識や無意識から

怒りの感情を感じとってしまったら、

自分のではない怒りの感情に気づいて、吸収しないように気をつけること。

それがとても大切な事だなぁと思います。

今日から、みなさんも自分のエネルギーを守るために、

自分のエネルギーと、自分のエネルギーじゃないものを

ぜひ、チェックしてしてみてください。

感じ分けて、自分のエネルギーじゃないものは、

どんどん手放していかれますように。。。

そして、楽になっていかれますように。。。

お気軽にコメント下さい。
コメント