どうせなら(笑)

2010年12月14日

また、意味があるような、ないような…タイトルをつけてしまいました…(笑)

まっ、いいですよね。

ここ数年、カウンセリングを通じて感じたことなのですが、

ご相談者の潜在意識の中に、

「痛みや、悲しみを乗り越えて… 成長する。」とか

「苦労して… 成長する。」という信念を見つけます。

その信念が、エネルギーとなって現れて、本当に苦労しちゃっています。

物事が、なかなか思うように、いかない様子です。

思いは、エネルギーなので、ご相談者の方にお伝えして、意識に上らせて、

もう、そのような信念はいらないんじゃないですか?と提案したりしています。

今まで、散々、苦労してきたのですから… ねぇ。

もう、いいじゃないですかね。(笑)

同じ仕事をしている人のブログを読んでも、中には、

「人は、悲しみ、苦しみを乗り越えて成長するために、

生まれてきたと言っても過言ではありません。」とか、書いてあって…

過言だよぉ〜〜〜と、ひとりつぶやく私がいます。(笑)

続きが、もっと、すごくて、

「残念なことに苦しみや悲しみは無くなりません。

じゃ、なぜ、生まれてきたかと言いますと、

その無くならない苦しみや、悲しみを味わい、

どうやって、その苦しみや悲しみの中で、生きていくか… 成長していくか…

それが、魂の目的であり、魂の成長につながっていくのです。」

え〜っ? 魂の目的〜? 嫌だ〜、そんなの… たまんないわ… やってられないわ…

とまた、パソコンの前で、しかめっ面している私がいます。(笑)

そういう一見、“ 教え “ のようなメッセージを聞いたり、読んだりして、

「そうっか〜、そうなんだ〜。苦しみや悲しみは無くならないんだ〜。

それが、学び。成長なんだ〜」と、思っちゃってる人が、現実にいます。

私は、そういう人を見かけると “ 修行好きなんだなぁ〜 “と思います。

修行することを選んでいる人は、ホントに、修行人生です。

しかも、いつも、苦しそうで…

日々、情緒面での、アップダウンが激しいなぁ… と感じています。

人は、苦しみの中ではなく、喜びの中で、成長する。

とか…

幸せに成功する。

という言葉が、私は、大好きです。(笑)

どうせ、涙を流すのなら、

「ありがとう〜!」と、感謝の気持ちとともに、喜びの涙を流したいです。

人生は、選択、選択の連続なので、

どうせなら、信念、いや、新年も近いですし、(笑)

皆さんの潜在意識の信念体系を「喜びの中で、成長する。」というふうに

換えてみることをおすすめします。(笑)

そう言えば、2011年は、喜びをもって成長できる時代だと言われています。

ちょうど、よかったですね。(笑)

喜びの中で成長することを選択して、その流れに乗ることをおすすめします〜。

お気軽にコメント下さい。
コメント