「開かれた場所。」

2011年2月9日

ご相談者の方も、私自身もそうですが‥

本当に自分が何を望んでいるかが、わかっているような、

わかっていないような‥(笑) そんなところがあるんだなぁと感じています。

このところ、自分のお店を開くことに関して、いろいろと相談にのってもらってるのですが、

そうしているうちに、自分では見えていなかったことが、

見えてくることがたくさんあることに気づくんですね‥(笑)

つい先日も、久しぶりに顔を合わせたご近所の女性に、相談してみました。

その女性は、今年40歳になられる方で、一昨年の私の講演会にも来てくれて、

顔を合わせる機会がある時には、いつも私の話に興味深く耳を傾けてくれる、

声が大きくて、とっても明るくてオープンな感じの‥

けど、心はとてもとても繊細で傷つきやすくて、真面目で純粋な女性なんです。

私は、その女性に、

「私、マンションを借りて、カウンセリングルームとカフェをやろうかなぁ‥と思ったり、

それとも、やっぱり、ちゃんと店舗を構えてやろうか‥と思ったり、

今ね、悩んでいるの‥」と、打ち明けました。

そうしたら、その女性が、素敵な言葉をかけてくれたのでした。

「私ね、かおるさんの、その‥なんていうの(笑‥ほんとに大きな声で笑うんですよ)

やすらぎっていうのかな、癒し系の雰囲気っていうの‥

それをね、閉じ込めておくのは、もったいないと思うの。

かおるさんは、もっと、開かれた場所にね、いた方がいいと思うの。

居て欲しい‥って、思うの。」

「えっ?‥開かれた場所‥」

私は、その女性の言葉によって、カフェ&カウンセリングサロンを開くことを

決心しました。正直に言いますと‥決心させてもらいました。

とっても、とっても、大きな勇気をもらったような気がしています。

彼女がいてくれて、よかった‥本当にありがとう!心から、そう思います。

いろいろな方が、私のお店を想像してくれたり、創造してくれたりしていて(笑)

電話やメールをくださって、有り難いなぁと思っています。

私は、その開かれた場所で、たくさんの方の夢の扉を開いていけるように、

私自身を開いていきたいと、決意を新たにしています。

お気軽にコメント下さい。
コメント