幸せな時

2010年9月27日

9月25日は、父の命日でした。

亡くなってから今年で、13年が経ちます。鬱病でした。自ら命をたちました。

今年の9月25日は、9月の初めにカウンセリングの予約を受けたクライアントさんと

1年半ぶりにお会いしました。

その方がカウンセリングの予約を9月25日に希望された時、

カウンセリングファイルに記録されてある、その方のプロフイールが書かれた

カウンセリング用紙を見て、ハッとしました。

その方と、亡くなった父のお誕生日が、一緒だったからです。

父と同じ誕生日のクライアントさんが、父の命日にカウンセリングの依頼をしてくださる…

その偶然ではなく必然の…恵まれた機会に感謝して、その日に望みました。

一番、最初にお会いしたのは、2年前の7月でした。

初対面の時は、皆さん、スピリチュアルカウンセリングとはどんなものなのか、

私がどんな人なのかと、どんな時間を過ごすのか、緊張と不安と期待と…(笑)

いろいろな思いで、カウンセリングに望まれていらっしゃるのだと思います。

それが、2度目…時間が経ち、3度目となり・・・

どんどん クライアントさんと私の間にある、空気が変わってきます。

その感覚を親しみと、信頼と、安心と呼びたいと思います。

1年半ぶりにその方とお会いして、「お元気でしたか?今日は、どうされましたか?」と

最初にお聞きした時、「会いたくて…でも、こんなに時間がかかっちゃいました。」と。

そう言ってもらえて・・・私はとても幸せでした。

その日は、ゆったりとした時間が流れていきました。

その方と出会ってからの数年間と、今を一緒に味わった時間でした。

そんな時間をともに過ごせたことを本当に幸せに感じます。

ありがとうございます。

新しい始まり

2010年9月24日

最近のカウンセリングでは、私自身、とても新しい体験をさせていただいております。

私は、カウンセリングのご予約のお電話を頂いた時から、ご相談者の状態を感じとります。

そのようにして、準備していきます。

準備するぞ〜!と、気合いを入れて準備しているのではないのですが(笑)

自然〜に、そうなっていくようです。

ご相談者の方も、ご予約のお電話をされた時から、「なーんか、いい感じがする〜」

「会って、良くなる気がする〜」・・・する〜、ふぅ〜っと(笑)あんまり気合いを入れず、

なんとな〜く、な感じで、カウンセリングの日を待っていただいている方は、

実際のカウンセリング中や、その後も、かなり好反応をされる方が多いようです。

それは、私からのエネルギーを受け取る準備が、自然と、なされているからなんですね。

カウンセリングやヒーリングを受ける時に、とても大切なことは、

難しいことかもしれませんが・・・リラックスすることなんです。

受けられる方は、肩の力を抜いて…なんでも来い!って、そんな感じでお願いします。(笑)

そういう時は、守護霊様も、のーんびり、楽しそうにくつろいでおられ(笑)

心配ないよ〜というメッセージをくださいます。

そして、私に、「どうぞ〜。どうぞ〜。どんどんヒーリングしてみてください。」と、

OK!サイン、GO!サインを出してくれるのです。

私も、それにお応えして、エネルギーを送ってみます。

そうすると、見る見るうちに、クライアントさんのオーラが綺麗になり、

消沈していたエネルギーが、どんどん復活して、お〜、すごーい!見事だ〜!と

驚いている間に、私の目の前に座っていらっしゃるご相談者の暖かいエネルギーが、

私にまで届いて、私も、そのエネルギーの恩恵にあずからせていただいています。(笑)

ものすごい勢いで、エネルギー変化が起こります。

そして、ご相談者の守護霊様は…といいますと、

びっくりしている私を見て、ニヤニヤしていらっしゃるのです。(笑)

ご相談者の方は、私がカウンセリングしている…ということはわかると思いますが、

普通に会話しながら、エネルギーを送り、ヒーリングしていることは、

目に見えませんし、聞こえないので(笑)わからないのでは…と思います。(笑)

私も、守護霊さんに、どうぞ、どうぞと勧められて、そのチャンスをいかせるように、

ヒーリングしていきます。そして、私が、その効果を実感する時、ご相談者もまた、

「なんだかよくわからないけど、いい気分〜。」になっていかれるようなのです。

実際、私自身も、こういう変化や変容がどうして起こるのか、言葉では、なかなかうまく

説明できないのですが、こういう事なんだろうなぁ…と、思うことはあります。

論より証拠。。。そんな感じで〜(笑)

そして、その変化や変容の準備がととのったご相談者とお会いする日は、

決まっているんだな…偶然じゃなくて必然なんだな…と、ただただ感じています。

そして、その日にお会いできること、その瞬間に立ち会えることが、本当に嬉しいです。

有り難いです。