感涙

2010年8月22日

出会う人のエネルギーによって、同じカウンセリングの申し込みでも、

様々なプロセスがあることを感じます。

特に、クライアントさんが求めるエネルギーが、強烈な場合は(笑)、

もうすでに決まっていたかのように、すばやく日程が決まり、すぐに会うことに

なるようになっているようです。(笑)

以前は、そのエネルギーに圧倒されることが怖くて、たぶん、クライアントさんには、

そう見えていないかもしれないんですけれど、内心、ヒヤヒヤしていたと思います。(汗)

まず、カウンセリングの前に、挨拶を交わし、お話を聞かせていただく始まりの言葉を

私の方から、かけさせていただいています。

そうすると、いろいろな意味でですが・・・エネルギーの強い方は、お話されると同時に

涙が溢れて、言葉につまってしまう方が多くみられます。

そこで、つい、私ももらい泣き、、、

かなり、この状況を経験してきたのに、、、つい、、、必死でこらえます。

ようやく、クライアントさんが、お話できるような状態になり、カウンセリングが

順調に進んでいきます。そして、その間に、私がクライアントさんに今、

必要なメッセージを受け取り、お話を始めると、

みなさん・・・心がぐぐっと動きはじめるのだと思うのですが・・・

また、涙が溢れてきて、目を真っ赤にされて、ハンカチが手放せない状態になってきます。

涙は浄化のあらわれなので、泣いていただくことも、解放として必要なのでしょうね。

けれど、私は、いつも、クライアントさんに、「お話しやすいことから、お話ください。」

と伝えて、ぱっと顔をあげて、目と目があった瞬間に泣かれると…

なんだか、泣かせているような、そんな気持ちになるのです。

私の顔は、みなさんを浄化させる、解放させる顔?(笑)

そういうエネルギーが私のオーラには、あるんだなぁ…と、

そのことをきっと、みなさんから教えていただいているのですね。

感謝しています。有り難うございます。

謙虚になること

2010年8月21日

私は、最近、魂に対して謙虚になることの大切さを実感しています。

これまでの人生で、起こったこと、出会った人、嬉しかったこともあるけど、

嫌だなぁ…と思ったこともあります。

人は、不思議なもので、嫌なことをずっと嫌だと思い続けることができます。(笑)

ずっーと、嫌なエネルギーの中に、身を置くことができます。

そんな時、知らず知らずに、自分の人生や、運命や、魂に対して怒り、

そのまま、ずーっと嫌なエネルギーを手放さないで、その中にいたりします。

けれど、頭で考える自分に対して、魂は、その嫌な経験を通して、

「あなたが、より良く生きるために気づいて欲しいこと。」や、

「あなたにとって、必要のないものに気づいて欲しい。」と、

問いかけているということを感じます。

魂や、人生や、運命は、いつも、私に問いかけていて、私が気づくのを待っている…

そう感じると、自分の魂に、人生に、運命に、謙虚になれます。

そして、謙虚になることで、答えがわかりやすくなります。受け取りやすくなります。

私は、自分の中にあったモヤモヤした、なんだかわからないけど嫌〜なものを

どうしていいかわからずにいました。それは、何かに対する抵抗だと思うのですが、

一体、どうしたら、その正体がわかるのだろう、対処できるのだろうと

とても焦っていたことがありました。

そういう時って、何も受け入れられないのですね。

自分の心を開くこともできないし、受け入れることもできない時なんですね。

何より深いところで、自分のことを信じていなかったりするのですが、

それさえも、もちろん、受け入れられず、気づかずにいるにいる。。。

そんな自分を深く知ろうとすることや、自分が抑えてきたものってなんだろうと

自分に注意深くなり気づいていくこと、癖で抑えそうになったら癒していくこと、

それをずっとやってきました。

自己浄化ですね。

そうしているうちに、魂が問うていた答えが、見えてくるようになっていったんです。

すべてが有り難く思えてきて、謙虚になれたんです。

この魂に謙虚になり、魂の導きに従うと誓う。。。

魂への信頼が心に芽生えたとき、心が強くなったと感じられました。

そこから魂に沿って、いろいろなことが起きてきました。

人生は、そうなっているんですね。