頑張らなくても大丈夫。

2020年9月27日

皆様、こんばんは。

暑い〜暑い〜と思っていた9月の上旬が過ぎて、

今は、もう、朝晩は、寒くなってきました。

夏が過ぎたとたん、ちょっと気がひきしまってきた感じがしています。

スピリチュアルカウンセリングも、初心に戻ったような‥

新たな思いが、私の中に湧き出てきました。

これから、10、11、12月と、

今年の終わりに向けて、

ご相談者の方が多くなる季節ですので、

いつもにも増して、気合いをいれてやっていきたいと思います。

今日のブログは、ご相談者の皆様が、

あまりにも頑張って‥ 無理をして‥ 

生きているお話をお聞きして、

「そんなに頑張らなくても大丈夫ですよ。」と

言ってあげたくて、書いてみたくなりました。

ご相談に来られる方は、

ご自分にダメだしを出している方が多くいらっしゃいます。

いつも、頑張って、頑張って‥

ちゃんとやり続けるように、

自分に、とても厳しく、成すことを課しているのです。

そして、無理をしている自分が、当たり前の自分と‥

疑うことなく、過ごしてきているのです。

けれど、心が‥ 体が‥

その無理な頑張りに、悲鳴をあげはじめ、

少しづつ、限界が見えてくるのです。

その時に、無理をして頑張り続けてきた事に気づき、

今までの自分を労い、そして、楽にしてあげて、

休ませてあげることが必要なのですね。

そうしなければ、また、元気に動きだせなくなってしまうから‥

けれど、ご相談者の方は、動けなくなった状態でも、

なんとか動こうと焦って、あらゆることを試してみたりするのです。

けれど、うまくいかないのです。

なぜなら、うまくいかせるエネルギーが、

足りなくなってきているからなのです。

その状態にあるご相談者の方のスピリチュアルカウンセリングで、

チャネリングをしてみると、

この先は、そのような自分で過ごしてきたことに気づき、

がんばらなくても、良い流れが戻ってくることが感じられます。

そして、その流れをお伝えしています。

ご相談者の方は、先々の不安から、解放せれて、

安心した様子で、帰られます。

私のスピリチュアルカウンセリングを受けられる方は、

この先、良い流れになっていかれる方が多いので、

私も、安心してスピリチュアルカウンセリングを行っています。

今、ご自分で、無理をして頑張っているかも‥ 

と感じられる方は、

頑張らなくても大丈夫ですよ。

今日もありがとうございました。

あなたは愛されています。

心から感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

助けを得る事も必要。

2020年9月9日

皆様、こんばんは。

9月に入っても、暑い日が続いていましたが、

明日から、やっと、涼しくなるようで、ホッとしています。

一気に、秋がやってくるようですので、

皆様、急な気温の低さによって、体調を崩されませんように、

気をつけてお過ごしくださいね。

スピリチュアルカウンセリングを通じて、

私が、以前から、感じていた事、

助けを得る事も必要‥ について、

書いていきたいと思います。

私事になりますが、

私は、スピリチュアルカウンセリングの仕事をする前に、

本当に、やっていくか、いかないか‥

悩んでいました。

その時、出会ったスピリチュアルカウンセラーの方と

東京の銀座でお会いし、相談しました。

その方のアドバイスで、

私は、スピリチュアルカウンセリングを仕事として

やっていく決心をしました。

「あなたは、ずっと、長くスピリチュアルカウンセリングの仕事を

していくようですよ。高齢になっても、やっているようですよ。

この仕事は、途中で、続けられなくなって、辞めていく人が多いけど、

あなたは、大丈夫で、やっていけるようです。」

そう、言ってくださったのです。

まだ見ぬ、未来‥

けれど、その方が言ってくださった言葉によって、

私は、素直に、自分の人生を受け入れられたのでした。

相談をして、よかったと思いました。

心がすっきりして、やっていくことに意欲が出てきました。

気づけば、スピリチュアルカウンセリングの仕事を始めて、

14年目になりました。

その方は、今はスピリチュアルカウンセラーも辞めて、

東京を離れ、自給自足の生活をしていらっしゃいます。

その方は、その道を選んだのですね。

選ぶ時には、迷うことがありますよね。

そんな時は、長く悩み続けずに、助けを得て、

すっきりすることも大切な時間の使い方だと

私は、思います。

皆様が、選択に悩まれた時は、

ぜひ、スピリチュアルカウンセリングを

ご活用ください。

今日もありがとうございました。

あなたは、愛されています。

心から感謝しています。

ありがとう。

kaoruより