執着を手放す。

2022年10月10日

皆様、こんばんは。

10月に入ってから、寒い日が続いていますが、

皆様が、体調を崩されていませんようにお祈りしています。

また、気温が高くなって、過ごしやすい日が戻ってくるようですので、

実りの秋を楽しんで、元気にお過ごしくださいね。

今日は、多くのご相談者の方が苦しんでいる

「執着」を手放せるように、

手助けになるブログを書いていきたいと思います。

ご相談者のお話を聞いていますと、

過去にあった出来事や、出会った人への思いを

断ち切れずに苦しんでいる方が、多いことに気づきます。

その出来事や人が、自分にとって嫌な事や人でも、

多くの時間が経った今も、思いを変えられずに、

忘れられない事が苦しいようです。

もう過去のこと‥

そう、頭ではわかっていても、

思いは、過去にできずにいるのです。

そこに、執着してはいけない。

早く忘れて、思い出にしてしまいたい。

その思いは強いのですが、

今この時、まだ、思いは鮮明に残ったままなのです。

ずっと、手放せずにいる思いから、

離れることは、簡単ではないと思います。

その時の心の傷や痛みを癒し、

思いを手放して、楽になるには、

「過去を過去とする。」

そう、自分に言い続けるのが良いと思います。

過去の思いが今も同じように続いている状態は、

今を意識できずにいることになります。

人生の時間は確実に進んでいるのに、

思いは少しも時間が進んでいないのです。

ですので、意識的に思いの時間を進めるために、

過去の思いが巡ってきたら、

「過去。」

と自分に言ってみてください。

時間はかかるかもしれませんが、

ちゃんと、過去は過去だと、もう、終わったことだと、

認識できるようになり、手放したかった思いを

手放せるようになります。

そうして、晴れて心の再出発をし、

新たな出来事に望んでください。

今日もありがとうございました。

あなたは愛されています。

心から感謝しています。

ありがとう。

kaoruより

お気軽にコメント下さい。
コメント